TopDiary

■物事の道理がいろいろと気になる年頃

「ねぇ、おとうさん、ぼくたちはお母さんのお腹の中にいて、どっから出てきたの?」

「っえ゛!」 (まいったなあ。ここはロマンティックな夢物語で返したいところだなあ。)
「えーと、えーとなあ。どうだったっけなあ…。」

「ひょっとして、オシリの穴から出てきたんじゃない?」

「…。」 

「ねえ。きっとそうでしょ?」

「そ、そうだ。そうだったかもしれない。」sweat02


はぁー。
4歳にしてこの日を迎えるとは…。
やれやれ。

コメント

あはは。ついにその時が(笑)

うちは親子でも恥ずかしがらずに
そういう会話ができる環境にしておきたかったので
小さい頃からストレートに教えてましたよぉ。

つい先日も小学3年の娘に聞かれたので
具体的に説明してあげました。(爆)
教える方もかなり恥ずかしいですけどねぇ^^;

2、3歳ぐらいだと、
お腹の中にいたときの記憶が残っている、
っていうけど、
うちのも3歳のころ、
「覚えているよ」っていってました。
どこまで定かわかんないけど、
産道を通った感触が、
オシリの穴を連想させたのか、
はたまたテレビの動物の出産シーンとかから
連想したのか…。
中途半端なリアルさに言葉を失いました。(笑

“具体的に説明”って強烈ですねえ。
でも恥ずかしがらずに会話できる環境って、
大事ですもんねえ。

学ばせて頂きました。
うちもストレートにいこうかな。

私は帝王切開だったので
「ほぉ〜ら、ここだよここ!」
と、手術痕を見せました(笑)。。

1秒で解決!しかし風呂に入るたびしげしげと
見られるのもちょっと・・・(^^;)

コメントありがとうございます!

手術痕は説得力ありですね。
ウブだった私が小学生の頃、母との風呂で
腹部に手術痕もどきなものがないか、
それとなくチェックしていたのを、思い出しました。

あとそういえば、事後報告ですが、
なおちゃんの写真、許可なく掲載しちゃったけど問題ないかなあ…。


写真、問題なしですよ〜。
嬉しかったです。ありがとうございます。

体調崩されてたようで・・お大事に。